最近のトラックバック

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 久しぶりのセーフモード | トップページ | 携帯メール »

2002年5月31日 (金)

烏の子

木曜日夜明け、窓の外の物音で起きる。カーテンを開けてみると、
烏が腰高窓のベランダのサンと窓ガラスの間に居る。どうやら子供の
烏らしく、サンとの間にはまってしまったようだ。そこで餓死されて
も困るので、手を出してどうにかベランダのサンの枠に立たせてやる。
(鳴いて嫌がるが仕方が無い)ふとみると近所のTVアンテナや電線に
親鳥らしい番いの烏が来て、盛んに声を掛けている。まだ慣れてない
ので、飛び立つには勇気が居るようだ。と、意を決して飛び足ち、
向かいのアパートの廊下に不時着。まぁどうにか脱出というとこか。
それにしても、朝早くから起こされたぁ。烏の親子の情も良いけれど。
(にっくき烏ですが、間近で見ると目が可愛い。子供だからかな?)

« 久しぶりのセーフモード | トップページ | 携帯メール »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 烏の子:

« 久しぶりのセーフモード | トップページ | 携帯メール »