最近のトラックバック

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 燕と蛙、初夏の風物詩? | トップページ | 7月の山行き記録 »

2011年7月 6日 (水)

登山はバテる? ~櫛形山 編~

いや~、疲れている時の本格的山歩きは....ばてますね。

前日の飲み会から帰って慌てて準備、朝6時に出発、小雨けぶる愛川町・旧津久井町を抜け、燕乱舞する相模湖駅に40分後着。友人と合流し、中央道に載って中央市で(目的地)地元の友人と合流、登山口である標高900mの南伊奈ヶ湖に着いたのは9時半でした。
ここから林道を少し歩き、北尾根登山道から登りはじめましたが、1000m近くの標高の樹林帯の中でも、やはり7月は暑かったです。何故か鐘のある見晴らし台に着いた頃には汗だくで、長袖シャツは脱いだのでした。でも、ここはまだ標高1300m、ここからアヤメ平まで、地図通り2時間掛けて登りました。いや~、足が上がらないし、太ももには痛みが(汗)。
<写真1:アヤメ平にて>
Ayamedaira1
標高1900mに着いたのは丁度お昼過ぎ、普段の山歩きと違い、頂上に着く前に昼食。オニギリとカップラーメンのいつものコンビニセットと珍しく牛蒡サラダ♪。残念ながら、鹿の食害のためかアヤメの花は.....(涙)。
<写真2:裸山に建つ櫛形山の看板>
Hdakayama
ここから「南アルプスが見える」という裸山へ尾根歩きです。標高2000m+の裸山からは、櫛形山への尾根の向こう、雲の隙間から富士山の頂上がちらっと見えました!
<写真3:富士山頂見えたっ>
Mtfujihadakayama
さて、いよいよ樹林帯を抜けて櫛形山山頂へ。2050mちょっとの山頂へは尾根上とは言え、アップダウンは意外とありました。頂上は、ガイド通り展望なし。同じような標高の大菩薩嶺の頂上と似た風景....。それにしても、頂上に建つ複数の標識に掻かれた標高が皆違う~。一体どれが本物かな?昭文社の地図では2051.7mでした。
<写真4:山頂の標高は一体?>
Kushigatasancho
さて、そこからは下る一方でした。これが長くて辛い~。祠頭(ほこら小屋という避難小屋あり)から中尾根登山道をひたすら、おおよそ1000mを、2時間半以上掛けて下る下る。
そこで履いている靴に問題発見。左足の靴紐の金具が出っ張っていて、右足の靴紐が引っ掛かって....危険。もう10年位履いている靴ですが、金具を直さねば。
ヘロヘロになってウッドビレッジ伊奈ヶ湖に辿り着いたのは16時半。

この日は湯村温泉の老舗旅館に素泊まり。レトロな、でも掛け流しの温泉でゆったりしたのでした。
<写真5:巨木が多い櫛形山>
Kyoboku

« 燕と蛙、初夏の風物詩? | トップページ | 7月の山行き記録 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登山はバテる? ~櫛形山 編~:

« 燕と蛙、初夏の風物詩? | トップページ | 7月の山行き記録 »