最近のトラックバック

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« Samba@StringsとFlog | トップページ | 出張前前夜? »

2012年8月13日 (月)

Tracking in Summer Vacation + fire works

夏休み、平日は専ら、旧居の片付けに追われました。
土日は、友人達と山にお出かけ....。

日記と言うより、備忘録かも(笑)。

8/5(日) 三つ峠、頂上からは富士山見えず
 翌週に備えて簡単な足慣らし、ということで御坂峠近くの三つ峠山に登ってきました。旧御坂往還の、天下茶屋(その時間には富士山見えました:写真1)で友人と合流し、一つ下のバス停近くの旧道沿い空き地に駐車、林道経由で上って来ました。残念ながら、頂上からは富士山見えず。(写真2)一方、北西方の八ヶ岳はどうにか(写真3)
 この日の温泉は、河口湖大橋南側の温泉寺へ。料金安くなったように見えたら、浴室の上階部分が閉鎖されていました(男湯)。説明ないため、理由は不明。
 夜は、山は歩かない別の友人とも合流し、河口湖湖上祭の花火大会。いつもの場所を確保(県営無料駐車場=大会中は閉鎖=脇)し、いつもの臨時駐車場に止め....。今年は風下に位置し、打ち上げた花火のカスが降って来るのは兎も角、煙が邪魔して肝心の花火が見えないのが残念でした。この湖上祭の売りは、孔雀花火と名付けられた水上花火です。(広角じゃないので全景が入らないスターマイン:写真4、孔雀花火:写真5)

8/11(土) 天候今一つの予報で行き先を北岳から北八ヶ岳に変更
 早朝出発には変わりなく、甲府市内の「温泉銭湯」付ホテルに前泊。ここ、一泊4000円からですし、年季の入った浴場(日帰り400円)も良い味出しています。CP良し。高級感を求めない方にはお薦めっ。
 さて、狙ったコースは北八ヶ岳ロープウェイ(旧ピラタス横岳ロープウェイ)山頂駅から北横岳経由の池巡り、ロープウェイ下り最終便(17時)には間に合うはず、でした。
ところが、双子池から雨池への林道が落石のため通行禁止(まぁ自己責任で通るのは黙認、らしい)とのことで、このコースは断念し、北横岳→双子池→亀甲池→北横岳と循環コースに変更。が、実はこれもこの通りにはいかないのでした。
北横岳までは順調、生憎の曇天で遠くの山は見えず(写真6)。ここから双子池へ行くのに大岳(おおたけ)へのコースを取りました。このコース、大岳から双子池へは岩だらけの下りで意外と苦戦しました。12時前着予定が30分以上超過(汗)。
ここで昼食を取り(写真7)、別の方から「亀甲池から北横岳への上りがハードで、時間掛る」との情報をいただきました。同時に、林道コース(通行止めを無視)かつ「美味しい水」の場所経由の迂回ルートを教わり、そのコースで雨池に向かうことに。(写真8:大岳から見えた、あの雨池。)
この雨池、遠かったです。第1は、佐久穂町に下る林道からの迂回道入り口に気付かず行き過ぎてしまい、少なくとも30分はロスったこと。第2はその迂回道は、整備がほとんどされておらず、笹の藪漕ぎかつルートファインディング(赤・ピンクの「テープ」を辿る)に手間取ったこと。後者は、事前に情報を得ていたのですが、笹の深さも相まって1か所ではかなり難航、かつ終点(雨池)までの距離感がほとんどつかめなかったこと。この結果、雨の降り始めた縞枯山荘に辿り着いた頃にはロープウェイ最終には間に合いませんでした。飛び込み宿泊覚悟で山荘のご主人に相談したら、ロープウェイ沿い下山道はかなりしっかりしているので1時間程度で降りれるよ(地図では1時間半)、とのこと。
この言葉を信じて、最終便から15分後に山頂駅横から下山開始。
これも意外とハードでした。途中で雨が本降りとなり、挙句には雷鳴まで轟く中、必至で降りました。(コース自体は、確かに林道を除くと一番まともかも)人っ子一人いないロープウェイ乗り場の駐車場に降りたのは18時半頃。止まっているのは、山上の小屋もしくはテント泊であろう登山客の車のみ、でしょう。約16km、休憩入れて10時間の山歩き。
 この日の温泉は、蓼科三室温泉を引く、小斉の湯、約20年ぶりの来訪。時間の都合で内湯(岩風呂)のみでしたが、600円はお安いっ。

帰りですが、ガソリンが心もとなくなり、GSを探す羽目に。結局、中央道を1区間乗って降りた小淵沢駅前のタクシー営業所に尋ねたところ、その時間(21時過ぎ)で営業中のGSは、東は韮崎市までなく、西なら長野県側の富士見長に22時までのGSが1軒あるはず、とのこと。仕方なく、再び県境を越えて、今度はR20で富士見町のGSまで戻りました。リゾート地ではありますが、街中と違って夜にはGSは閉まっていることが大半なんですね。

さて、山行後の体への影響ですが...。
筋肉痛まではありませんが軽い痛みが、太ももと右腕(ストックの使い過ぎ?)。更に、ザックの調整が合わず右肩に痛み。最後に、疲労すると必ず傷む、腰。困ったもんです。

写真1:天下茶屋前から見た河口湖と富士山(8/5)
Mtfujitenkachaya

写真2:三つ峠山頂、1786.1m。(8/5)
Mitsutoge

写真3:三つ峠山から八ヶ岳と茅ヶ岳(通称偽八)を遠望。(8/5)
8gatakefrom3toge

写真4:湖上祭花火1(8/5)
Hanabishooting

写真5:湖上祭花火、孔雀花火の巻(8/5)
Kujakuhanabi

写真6:北横岳山頂(北峰)。(8/11)
Kitayokodake

写真7:大岳(おおたけ)山頂(8/11)
Kita8ootake

写真8:大岳山頂から眼下に見た「雨池」、遠かった(8/11)
Kita8ameike

« Samba@StringsとFlog | トップページ | 出張前前夜? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tracking in Summer Vacation + fire works:

« Samba@StringsとFlog | トップページ | 出張前前夜? »