最近のトラックバック

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 山々を見ながら山頂で鍋会@雨乞岳(南アルプス?) | トップページ | 乾徳山、林、草原、岩場(鎖&梯子)、そして! »

2012年10月22日 (月)

復元なった東京駅、昼と夜、中と外。

復元工事が終わった東京駅(丸ノ内側駅舎)を観に出かけて来ました。

メトロ千代田線二重橋前駅から行幸道路上を経由、南側ドームで先行していた友人達と合流しました。こちらは東京ステーションホテルの入口でもあり、ドームの2階の回廊をぐるりと巡れます。駅前広場(皇居)側は、トラヤのカフェ(待ち行列ありなので眺めただけ)があります。
写真1 南側ドームの天井!
Tyostasouthdome

一旦外、郵便局側に出て、昼間の外観をパチリ。空中権を周囲の高層ビルに売っただけあり、上空は広いです。
写真2 右から、南側ドーム、主玄関(貴賓用)、北側ドーム。
Tokyostationdaytimeview

東京駅、左右(南北)のドームが特徴ですが、中央には皇室の方々や海外からの貴賓客が利用する、車寄せもついた主玄関があります。その前には、東京駅と記された石もあります。一般の人が通ることはまずないエントランスですね。
写真3 中央玄関。
Tyostamainentrance
さて、北側のドームに移動しましょう。こちらは、東京ステーションギャラリーがあります。復元工事完成記念展「始発電車を待ちながら」と題した、現代芸術を展示していました。
バラモデルの「バラモデリック・グラフィティ」(あのプラレールを使って)に始まり、廣瀬通孝の「Sharelog 3D」(交通系ICカードの履歴を読み取り....)など、計9組の作品が見られます。そして、東京駅を形作るレンガも至近距離に。
そして、やはり2階の回廊を歩けます。(ギャラリーに入れば)日本を代表する駅だけに人・人・人。(電車に乗り降りする人よりも見物客が多いかも....。)
写真4 北側ドームの天井!
Tyostanorthdome

写真5 ドームには大勢の人が O_O;
Tyostanorhdome2ndfloor

ギャラリーを出た頃にはすっかり日も暮れて、夜の装い。ライトアップされて、人混みは続いていました。行幸道路を通って皇居前まで来ると流石に人が少ないですが、超望遠レンズで写真を撮っている方がちらほら。

ここまで来ると夕食時、新丸ビルまで戻って店を探しました。東側の東京駅ビューのお店は軒並み満員かつ「予約で一杯です」の店まで。7階の「自由ヶ丘グリル」は外が見えない分穴場らしく、タイミングも良かったのか待たずに入れました。その前に、バルコニーエリアに出て駅舎を一望。地下駐車場への入口建屋や排気塔に邪魔されないので、全景が判りやすい、かな。八重洲口側のクレーンが少々邪魔かな?いえ、夜だとアクセントになるかももしれません♪
写真6 新丸ビル7階から、夜の東京駅!
Tokyostationnightview

« 山々を見ながら山頂で鍋会@雨乞岳(南アルプス?) | トップページ | 乾徳山、林、草原、岩場(鎖&梯子)、そして! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復元なった東京駅、昼と夜、中と外。:

« 山々を見ながら山頂で鍋会@雨乞岳(南アルプス?) | トップページ | 乾徳山、林、草原、岩場(鎖&梯子)、そして! »