最近のトラックバック

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 葡萄牙語と英語、音楽~♪ | トップページ | 一月の三連休(その1):苺・湯・ »

2012年12月24日 (月)

クリスマスを前に....(し、白い!)

連休前半、友人達と忘年会の場所に選んだのは....

河口湖畔のキャンプ場のバンガロー。このキャンプ場、冬季はバンガローを格安に使えるのです。やや施設は年季が入っていますが、暖房(炬燵・ファンヒーター・オイルヒーター)・冷蔵庫・電気ポットが備わっており、屋外では焚き火も可能な炉を備えたBBQスペースも。
参考:2800円/1人。

当日の朝、出発時は雨でしたが現地につくと雨も止み、青空も徐々に。それなりに寒かったのですが、雪ではありませんでした。実は、甲府盆地はかなりの降雪だったようで、御坂路を抜けてきた友人の一人曰く「トンネルを抜けたら.....雪が無かった」と。普段とは真逆でしたね。昼間は、炭火(七輪)でBBQしながら、サンラータン(スープ)で、焚き火を囲みながら乾杯。酔い覚まし&腹ごなしに、キャンプ場内外をカメラを持って散歩。落葉松の落ち葉が敷き詰められたテントサイトや、雪を被った御坂山塊(黒岳など)、そして河口湖大橋からは夕日を浴びた富士山が奇麗でした。

近所の開運の湯(温泉)で温まり、バンガローに戻って鍋パーティへ突入。電気使い過ぎでブレーカー落ちたりしながら、2種類の鍋をいただきました。
「生姜とヒツミ」鍋と「トンコツスープ」鍋(〆はラーメン)。その他馬刺しやらチーズ祭(笑)やら。あ、写真はろくに撮っておりません(汗)。

翌朝、起きたら8時。チェックアウトが10時なので....勿論延長!なんと、最大17時までで、500円/1人。これは、まったりするしかありません(笑)。
前日のサンラータン残りに、こちらも残ったラーメン(乾麺)を入れてサンラータン麺。そして、こちらも残り物の野菜やソーセージや卵を炒めてパンと。〆は(?)、友人1人持参(手作りありがとう)のチーズケーキ。満腹&満足。

さて、2日目は、もともと軽く山を歩く(歩くのが得意じゃない友人1名おり、歩いて30分程度で頂上の山を選択)予定でしたが、路肩に雪が残る林道を登っていったら、途中で通行止めでした。ゲートは南京錠で閉まっていたので、山歩きは断念して引き返すことに。ダムマニア(件の山は歩かない友人)の希望に沿って(?)甲府盆地北東部の笛吹川上流は「広瀬湖」へ。旧三富村まで来るとかなり前日の残雪が.....。ダムサイト(国道沿いの駐車場は除雪済)は白銀の世界!スキーに出掛けた訳でもないのに、ホワイトな世界(でも人はほとんどいない)に大満足。帰りに大菩薩の湯(何年振りだぁ?)で入浴後に食事が摂れなくても(閉館が19時なのでした)、問題無しっ。
塩山で夕食後、盆地内の友人と別れて帰路に。トンネル落盤(板か?)で高速道路が通行止めなので、トラックの多い笹子峠(R.20)は諦めて、またまた河口湖廻り(R.137御坂峠)で帰京しました。こちらも車は普段より多いですが、大型車が少な目かつ細かいカーブが少ないので走りやすかったです。(新御坂トンネルは不安でしたが...。)

写真1 キャンプ場、テントサイト(泊まったバンガローは、撮影時の背後、湖側にあります)
Tentositekareha

写真2 キャンプ場から観た、黒岳(雪かぶっているのは珍しい)
Kurodakecampjo

写真3 河口湖大橋から観た富士山(気温8度と暖かいっ)
Mtfuji_kawaguchikoohashi

写真4 一面降雪の広瀬湖ダムサイトの芝生広場(らしい)
Hirosedam_hiroba

« 葡萄牙語と英語、音楽~♪ | トップページ | 一月の三連休(その1):苺・湯・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスを前に....(し、白い!):

« 葡萄牙語と英語、音楽~♪ | トップページ | 一月の三連休(その1):苺・湯・ »