最近のトラックバック

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 一月の三連休(その1):苺・湯・ | トップページ | 冬の南部の山梨百名山と春の伊豆 »

2013年1月14日 (月)

一月の三連休(その2):今倉山、富士山と迷い犬(?)

連休2日目、お気軽100名山(山梨の、ね)ハイク、ということで都留市・道志村の境、道坂トンネル入り口から登れる「今倉山」(1470.3m)に出掛けて来ました。町田の自宅を8時過ぎに出て、高尾山ICから中央道都留IC経由で、10時過ぎには現地着でした。
10時半出発、トンネルから少し下った林道入口から登り始めましたが、これが意外とタフな直登ルートでした。ロープ場あり、凍った湧水あり、サラサラ崩れつつある砂地の横を歩いたり。ただ、風が無かった穏やかな日差しでしたので、薄っすら汗ばむ登りでした。尾根に出て、暫く行くと木々の合間に富士山登場。更に登ると、やっと間近に富士山を眺められました。そこからは、遠く南アルプス(赤石岳辺りから北部の甲斐駒辺り)や金峰山まで、見ることが出来ましたね。
その眺めがよかった場所から、少し登れば頂上、ちゃんと山梨百名山の標識が建っていました。木々の合間から富士山は見えましたが、風がやや出て来たので、昼食休憩は普段より短め、30分程度に収めました(汗)。
下りは、道坂峠経由でトンネルまで、50分。休憩時間を入れても3時間半のプチハイク。すれ違ったりしたハイカーは、6組位でしょうか、マイナーな山ですかね、やはり。

ところで、トンネル入り口まで下山すると、軽トラのおじちゃんから「犬見なかったか?」と質問を受けました。

実は、1匹の犬に出会っていました。首輪には住所と20cm程の発信機用アンテナがついていた黒い犬に。この犬、人間にはそれほど興味が無いのか、足元を走り抜けながら登山道をうろちょろ。このことを話すと、「白い犬は?」。どうやら2匹と逸れた(脱走した?)ようでした。(その後、仲間を集めていたようでしたが、無事に見つかったでしょうか?)

下山後は、道志村の道志の湯へ16年ぶり(!)に寄りました。当時に比べて80円アップも、シャンプー類が整備されたので、その分かな?露天風呂が、桧風呂と陶器風呂に変わっていましたが....。(陶器風呂、4個のうち2個だけ運用中?)

写真1 登り道途中の湧水、凍っていました!
Imakurayamanobori

写真2 木々の合間から富士山!
Imakurayamamtfuji1

写真3 西峰の少し西ヶ原よりの展望スポット(?)からの富士山(山座名入れました)
Imakurayamamtfuji2

写真4 今倉山の頂上
Imakurayamatop

写真5 迷い犬(?)、無事に飼い主に会えたかな?
Imakurayamawanko

« 一月の三連休(その1):苺・湯・ | トップページ | 冬の南部の山梨百名山と春の伊豆 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一月の三連休(その2):今倉山、富士山と迷い犬(?):

« 一月の三連休(その1):苺・湯・ | トップページ | 冬の南部の山梨百名山と春の伊豆 »