最近のトラックバック

最近のコメント

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月15日 (月)

鉄分と硫黄分、補給!?

梅雨も明けた海の日連休、久し振りに列車に乗って温泉旅行に出かけました。
出発地は、山梨県の中央本線甲府駅。まずは各駅停車で小雨が降り始めた小渕沢に着くと、急な停電中。レジも使えない暗い売店で駅弁と缶ビールとお茶を購入。小諸行きのディーゼルカー(残念ながらハイブリッド車ではなく、普通の)は、混んでいて、運転席後ろを確保も、多分大勢が降りるであろう清里まで我慢。
甲斐小泉を過ぎての上り坂で急な減速、ふと前を見ると鹿が横切っていきました。(写真撮り損ね~、その1)また暫く行くと、今度は若い鹿、こちらは警笛を鳴らされてやっと線路を外れて行きました。
清里過ぎると余裕でボックス席に座れたので、早速駅弁で昼食。お伴はもちろん缶ビール~。
写真1:小渕沢駅小海線ホーム
Kobuchizawashuppatumae
写真2:線路は続くよ~♪
Seorohatuzuku 写真3:対向はハイブリッドカーかな?
Hybridecar
写真4:駅弁(ワインビーフとワイントンの弁当)
Ekiben

小海線も終点の小諸が近づくと車内が混んできました。実は、駅前でお祭りがあるようで、駅前は準備中~。でも、駅裏の懐古園は人も疎らでした。駐車場脇には、かつて小海線を走っていた高原のポニーと呼ばれたSLが静態保存(ナンバープレートは鎖で固定。)
さて、こちらは「しなの鉄道」(旧信越本線←新幹線開通直前、スキー帰りに特急で通った記憶が)で上田に移動し、「上田電鉄」で宿泊先の別所温泉に。かつて丸窓電車で有名でしたが今は東急電鉄の中古電車のオンパレード(笑)。旧7200系は丸窓電車「風」になっています(笑)。別所温泉駅舎もかなり良い雰囲気です.....。
さて、宿にチェックイン後、温泉街の共同浴場に出掛けると、こちらもお祭り。どうやら、東信地域は各地で(上田駅前も)「祇園祭」が行われているようです。別所温泉の祇園祭は、各旅館の玄関先に御神輿が突入(笑)。投宿先は狭い路地に面した小さな旅館でしたが、そこにもやってきました~。

写真5:C56静態保存中~
Kogennopony
写真6:別所温泉駅の丸窓電車(デハ5252)
Marumadodensha

写真7:別所温泉駅正面入口
Besshoonsenstation

写真8:玄関先までやってきた御神輿(2基目)
Besshogionmatsuri
別所温泉、数日前にネットで予約した小さな旅館でしたが、お風呂は良かった♪家族経営のアットホームな雰囲気も○。温泉は、硫化水素臭も少し感じられる単純硫黄泉。そんな訳で、朝食後に一風呂浴びてからチェックアウトしました。この日は、しなの鉄道、JR篠ノ井線と乗り継いで松本へ。JRは2両のワンマンカーで結構混んでいました。それでも、姨捨駅で盆地側の扉が開いたので、他のお客様越しでしたが写真撮れました。スイッチバックでの離合も経験。
松本では、急に食べたくなった「貴重品」となりつつある鰻重をいただきました。その後は、あずさ号で甲府に戻りました。連休中ですが、始発駅なので自由席に余裕で座れました。(夜は父の実家がある笛吹市泊。)

写真9:姨捨駅停車中、善光寺平の眺め
Obasutestation 写真10:松本駅近くの和食料理屋の鰻重、ビールと伴に(笑)
Unajumatsumoto

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »