最近のトラックバック

最近のコメント

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 八ヶ岳最南端、あれ逆回りだぁ O_O; | トップページ | ビール飲んで痩せる!? »

2013年8月18日 (日)

日本第2位の山へ

もう1週間も前の記録ですが.....。
自分の夏休みの最後の土日、念願の南アルプス(赤石山脈)に出掛けてきました。
行き先は、本邦第2位の標高を誇る、白根三山の一座、北岳(3193m)。ここは、芦安温泉
(もしくは奈良田)からバス・乗合タクシーに乗って広河原まで入らないといけません。
山小屋の予約は、土曜日。そう、土曜日朝のバス&タクシーに乗るのが大変。更に、駐車場の確保(どの駐車場に入れるか)も鍵になるのでした。
結論、前日(自分は休日)は早く寝て、夜中の1時に町田の自宅を出発しました。こんなの、○十年前のスキーブームの時以来でした(汗)。友人を盆地で拾って、芦安温泉に入ったのは3時半。バス停・タクシー乗り場近くの第3Pまでは満車、そこから車道をかなり下った第4Pに運良く空きを見つけました。
で、4時過ぎにバス停まで歩こうか、と道路に出たら乗合(ジャンボ)タクシーが来て、丁度3名乗れました。結局、この9名を乗せた車がそのまま5時10分発(5時半の夜叉神ゲートOPEN第1便)の1台となったのでした。そんなこんなで、広河原着は6時前でした。
(うーむ前置き長い。)
広河原からは吊橋を渡って広河原山荘前に入り、ここから本格的な山歩きでした。コースは、
1日目:大樺沢二俣経由右俣を登り、小太郎尾根分岐から尾根伝いに北岳の肩へ。北岳肩の小屋に一泊。
2日目:御来光を見たら、北岳山頂往復(主荷物は小屋に置いて)、小太郎尾根分岐から白根御池に草スベリを降りて、白根御池小屋(市営の山小屋)から広河原へ戻る。

タクシーの運転手から、車中で情報収集済。一つ、肩の小屋は北岳周辺では唯一の民間の小屋。二つ、秋に北岳に登られる皇室の方がいるので、民間だけど新しいお手洗いがヘリで運ばれたばかり。

さて、実際の山歩きは、と言うと、好天に恵まれ(この日甲府は40度超)、大樺沢分岐手前で雪渓の氷に触れることが出来て助かりました。(暑さを少しは凌げた?)ここから、右俣を登るのですが、樹木が少ない急な草地を登るという炎天下の急登はこたえました。どうにか小太郎尾根につき、肩の小屋に着いたのは、13時頃。想定より早く着きましたが、ガスって来た(雲が出てきた)ので山頂アタックは予定通り翌朝にしました。まずは、缶ビールで乾杯っ。そして夕食(第2組で16時半)までお昼寝。
ところが、16時半前にヘリがやってきました。理由は、山頂へのルートを歩いていた某大学のワンゲル部員1名が......熱中症になってしまい動けなくなり搬送するためでした。いや、確かに暑かったです。肩の小屋が標高3000m丁度位なのですが、暑かった(汗)。更に気圧も高目(高山病にもなり難い感じ)。

写真1 広河原から見た北岳、あそこまで登ります。
Kitadakefromhirogawara
写真2 大樺沢の左俣の雪渓と山頂
Kitadakeookazawasa
写真3 雪渓は冷たい♪
Kitadakesekkei
写真4 小太郎尾根分岐から甲斐駒ケ岳方面の眺め
Kaikomafromkotarobunki
写真5 北岳の肩、一万尺!
Kitadakenokata
写真6 夕食後に夕日を見たかったのですが生憎の雲・雲・雲
Sekiranunfromkatanokoya

2日目、朝食はゆっくり目として、まずは御来光。夜明けの空に、寒さを忘れました。勿論、雲海の向こうには、本邦第1位の富士山が見えていました。反対側を見ると、八ヶ岳・蓼科山も。朝食後、軽装になって山頂を目指しました。小一時間で到着。噂に違わない、360度の眺望。遠く北アルプス(槍ヶ岳辺り)・御嶽山や隣の中央アルプス(木曽駒など)、同じ南アルプスの塩見岳などやはり3100m超の峰、そして甲武信岳や金峰山、更に浅間山から八ヶ岳、と。勿論、富士山も。
下山は、小太郎から白根御池へ草スベリを下るのですが、既に炎天下(この日も甲府は40度)で長く暑かった(汗)。池が見えた時はほっとしました。この暑さで、白根御池小屋ではソフトクリームに飛び付きました(笑)。美味しかった~。
ここから広河原までは樹林帯を下るので(最初の30分の山腹トラバースは、実はアップダウンがあるのでしたが)直射日光は避けられましたが、意外と急坂下りが多く(滑って尻餅一つ)疲れました。
でも、お昼過ぎには広河原山荘に着きました。昼食は、お目当てでした甲州ワインビーフを使った牛丼。温泉卵もついて、美味しくいただきました。
広河原からは、「人数揃ったから出る」乗合タクシーで芦安へ。勿論、駐車場まで送ってもらえたので大助かりでした。
この第4Pは、すぐ下に市営の日帰り温泉が。この金山沢温泉で汗を流しましたが、入浴後の麦茶が冷たくて美味しかった♪

これで日本の第1位と第2位を登頂したことになります。次は、北沢峠まで入って仙丈岳に登りたいですね。

写真7 夜明け前♪
Hinodemaekata
写真8 日の出前の富士山シルエット
Mtfujifromkitadakenokata
写真9 御来光!
Goraikofromkitadakenokata
写真10 北岳山頂の印♪
Kitadakesancho
写真11 北岳山頂から甲斐駒越しに八ヶ岳の眺め
Yatsugatakefromkitadake
写真12 北岳山頂から仙丈岳、遠くに北ア?
Senjogatakefromkitadake
写真13 北岳山頂から富士山、手前は櫛形山
Mufujifromkitadaketop  
写真14 広河原山荘の牛丼♪
Gyudonhirogawarasanso

高山植物の写真はそのうちWebに載せます(久し振りに更新か?)










« 八ヶ岳最南端、あれ逆回りだぁ O_O; | トップページ | ビール飲んで痩せる!? »

コメント

ひでぼう様
今頃、ヒースロー空港かな?お仕事頑張ってきてね。
北岳、登頂おめでとう。感動的で美しい写真の数々ありがとう。富士山シルエットが特に素敵~。山頂からの幾重にもなった山々もすごいね。

私なんか、谷川岳ごときでヨレヨレになってるから、アルプス・デビューはまだまだだけど、ちょっとだけ山の魅力もわかってきたかな~?!
ソフトクリームや牛丼のありがたみも、行間からよーく伝わってきました。
とにかく、ひでぼうの健康的&楽しい様子が、私に元気を与えてくれました!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167629/58019446

この記事へのトラックバック一覧です: 日本第2位の山へ:

« 八ヶ岳最南端、あれ逆回りだぁ O_O; | トップページ | ビール飲んで痩せる!? »