最近のトラックバック

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 多摩川の源流は東京都?山梨県? | トップページ | 日本第2位の山へ »

2013年8月 9日 (金)

八ヶ岳最南端、あれ逆回りだぁ O_O;

夏休み中日の水曜日、この日が週休日の友人と一緒に八ヶ岳の最南端、山梨百名山の一座「編笠山」に登ってきました。(八ヶ岳にありますが、「岳」の字を含まない山名の、編笠状の山です。)
平日なので渋滞の無い中央道下り線をひた走って観音平(1580m?←現地標識に1560mって書かれていたのでAmbitの高度を20m低く設定していました)に着いたのが8時半。既にほぼ満車でした。土日だったら、どれほど混んでいたのでしょうか?
写真1:今日のコース@観音平の案内看板(まだ小淵沢町だ)
Routemapkannondaira

まずは、富士山や南アルプスを眺められる「雲海」まで登りました。ほぼガイド通りの歩行時間。
写真2:薄っすらと富士山が見えました。まだ甲府盆地は晴れ。
Fujisanfromunkai

ここで、富士見平からの遊歩道(?)と合流。更に登ると、標高2100mの押手川(←手で押すと水が滲み出るほど苔だらけの場所の意味らしい)に着きました。ここで、元の計画では青年小屋(後出)への巻道は行かず、山頂に直登の予定でしたが、「編笠山」標識が示す方向に張られた「登山道以外は入らない」のロープに惑わされ、右手の巻道の方を選択してしまいました。下山時に判明しましたが、左手に山頂方向を示す標識が建っていました。でも、正面のロープは紛らわしいと思いました。
写真3:押手川の標識。この標識が示す通りに行こうとしたのですが....。
Oshidegawa
この巻道は途中で展望台があったりして、また青年小屋のある鞍部に向かうため多少下るところもあるなど、変化に富んだ道でした。ですが、ガイドの1時間10分より若干時間が掛ってしまいました。
さて、昼少し前に着いた青年小屋は、「(日本一)遠い居酒屋」としてTVでも取り上げられた有名な山小屋で、ちゃんと赤提灯も下げられていました。一度泊まりに来て観たい山小屋であります。ここでコンビニオニギリを1個だけ食べエネルギー補給。
小屋近くに設置されたバイオトイレはポンプが故障なのか水が切れた(雨降っていないから?)のか、水洗機能が停まっておりました。
写真4:青年小屋、赤提灯あり(笑)。
Seinengoya
ここから編笠山の頂上までは30分。最初は岩伝いに登っていく(ガイドなどだと編笠山が先なので下って来るところとして紹介)のですが、これは意外と登りやすかったです。同行者は、「ここは下るのが怖い気がする、登りの方が安心感あり」との感想を持ったようでした。岩場の上からは、青年小屋の背後に権現岳のギボシ(手前はノロシバ)が見える、「山歩き」感十分な眺めでした。単独峰の富士山では中々味わえない、かも(笑)。そう言えば、八ヶ岳って、富士山に蹴られて、以前は富士山より高かった標高が低くなり、ギザギザの尾根になった、という神話を聴いたことがありました。

写真5:青年小屋前から編笠山(頂上)を見上げる。
Amigasayamafromseinengoya

写真6:岩場の上から青年小屋を見下ろすと、権現岳側に編笠山の影!
Amigasayamanokage
やっとこさついた編笠山の頂上は、日当たり良好でしたが、眺めは素晴らしいし、風も気持ち良く、暑さ忘れて長居出来そうな場所でした。お昼寝されている登山者もちらほら。南アルプスや甲府盆地方面(富士山・茅ヶ岳)の眺めもありますが、北側の八ヶ岳主峰達の眺めも素晴らしいものがありました。一昨年登った赤岳・阿弥陀岳の向こうには横岳(南八の)が見えました。(山梨県外になりますが...。)但し、残念だったのは、山梨百名山の独特な山名標(木柱)が見当たりませんでした。壊れた?まだ設置されていない?

写真7:編笠山の山名標と南八の主峰達。
Amigasayama130807

多数のトンボが飛び交う頂上でランチ。お湯を沸かそうとして寸胴(?)から水をこぼす粗相をしたりして、インスタント麺(お湯掛けるだけのもの)にありつくまで時間が掛りましたが(汗)。主食はオニギリなので、麺類が遅くても影響は小さかったのですが。でも、ベテランらしい登山者の1人に自家製の胡瓜漬物をいただいたりして....。(僕たちが出発する頃はお昼寝中だったので、お別れの挨拶が出来ず残念っ。)

さて、後は下るだけ。少し降りた辺りはシャクナゲの群生がありました。一ヶ月ほど前でしたら見事だったでしょう。咲き遅れた一株は見つけましたが....。

写真8:シャクナゲの花。
Shakunagedeokure

この後は、苔むした森の中を下りに下り、巻道との分岐点押手川(←降りてきて、間違えた理由が判明。赤テープの見落としが原因みたい)、更に小一時間で雲海。
それにしてもトンボが沢山いました。中にはぶつかりそうになる奴まで(笑)。

写真9:ここでも苔♪
Kokenoiwa
写真10:入道雲をバックにトンボ@雲海(入道雲の下は夕立だったようで)
Tombonyudogumofromunkai
雲海からは更にひたすら下って、出発点の観音平に帰りついたのは、16時半は廻っていました。都合、8時間は山中に居た計算。日帰りも楽じゃないです(爆)。

さて、山の帰りの温泉は....この日は入りませんでした。
理由は、首都圏では豪華な花火大会でもある、市川大門(市川三郷町)の「神明の花火」を観るためでした。平日だったこともあり、開始一時間余り前でも無料駐車場に入れたことは幸運でした(いつも観ている場所まで徒歩15分位でアプローチできるので便利な駐車場)♪




« 多摩川の源流は東京都?山梨県? | トップページ | 日本第2位の山へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳最南端、あれ逆回りだぁ O_O;:

« 多摩川の源流は東京都?山梨県? | トップページ | 日本第2位の山へ »