最近のトラックバック

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 鉄分と硫黄分、補給!? | トップページ | 八ヶ岳最南端、あれ逆回りだぁ O_O; »

2013年8月 5日 (月)

多摩川の源流は東京都?山梨県?

2か月ぶりの山歩きは、8月最初の土曜日、塩山駅8時に盆地在住の友人と合流し、甲州市一ノ瀬から登る、笠取山(1953m)でした。この山は、多摩川(138km)の源流(の一つ)がある山、として有名。そして、東京都の水源林でもあり、源流まで(=山頂まで行かない)のエリアは遊歩道としてかなり整備されていました。(でも、山歩き装備は必要ですよ~。)
R411から新犬切峠へ一ノ瀬林道を入っていくと、駐車場やお手洗いが整備された作場平の登山口に着きました。(林道はR411の「おいらん淵」からも一ノ瀬高原キャンプ場を経て入れます。青梅方面からなら、こちらの方が良い道かも知れませんね。)
登山口でコースチェック。むむっ、山頂へは行かない、水源地を巡る遊歩道紹介が主のようでした。(山頂への急登を含むコースには所要時間も書かれていませんでした。)

写真1:コース紹介。作場平→ヤブ沢峠→笠取小屋→雁峠分岐→山頂(西→東)→水干(源流)→シラベ尾根→黒槐(えんじゅ)→馬止→中島河口(ここから林道を戻る)
→実際のルートは最後に。
Kasatoricourse
写真2:作場平口(右)→ヤブ沢峠(左)
Sakubadairayabusawatouge

登りは、急登の少ないヤブ沢峠廻りとしました。途中で別れた「一休坂」経由のコースとは、笠取小屋近くで合流でした。(遊歩道としては下山コースとして紹介されていました。)
笠取小屋から雁峠分岐で県境の尾根に出た辺りは幅も広く、黄色い背の高い花(マルバタケブキ)が咲き乱れていて、気持ちも良かったです。ただ、そこから見上げた笠取山の山頂へは、かなり急に見え、「あれを登るのか?」と思わせる風景でした(汗)。その手前、水干への遊歩道との分岐の手前には「小さな分水嶺」がありました。

写真3:雁峠分岐辺りのマルバタケブキ群生
Marubatakebukifloor

写真4:雁峠分岐から、笠取山頂と「分水嶺」(中央の小さなピーク)を望む
From_karitougebunki

ここは、多摩川(山梨県→東京都)、富士川(山梨県→静岡県)、そして荒川(秩父側、埼玉県→東京都)の3つの川の分水嶺なのでした。富士川というよりは、笛吹川の方が判りやすいのですが、私には。

写真5:分水嶺、コンクリートの標識と、説明板がある。
Chiisanabunsuirei
ここからは水干への山腹コースを別けたら、一気に頂上まで登り、でした。途中で日差しも覗いたりして、(今日のコースでは)一番暑くて苦しいところでした。登り切ると、西側のピーク、最高点ではありませんが、山梨100名山の標識はこちらにありました。多摩川下流方面は雲に隠れていましたが、笛吹川の谷間~甲府盆地方面はわかりました。そこから岩を降り登りすると東側の狭いピーク(最高点)に着き、こちらには環境庁設置の笠取山山頂標識が建てられていました。

写真6:笠取山、西側ピークから笛吹川の谷間方面の眺め
Kofubonchifromkasatoriyama

写真7:二つの山頂標識(笑)
Kasatoriyamapeaks_2
東側ピーク着は丁度正午過ぎでしたが、昼食摂るには狭いので、水干方面に下って食べることにしました。で、下山コースから横道に入る(笠取小屋方面に戻る)と水干(みずひ)があるのですが、意外と遠く感じました。水干は.....ここのところの少雨の影響か滴り落ちる水滴を見ることができず...。すぐそばの小さな石造りの水槽(?)には、酒(紙パック入り)・塩・米(いずれも「ミッキーマウス」柄の透明な袋入り!)が供えてありました。
水干を数m過ぎたところには、真新しいテーブルとベンチがあり、久し振りに水平なテーブル上でお湯を沸かせたのでした。ここからの眺めも良いようで、残念ながら雲で富士山方面は見えませんでしたが、手前の大菩薩嶺(約2000m)は見えました!

写真8:水干、多摩川源流。(水干とは「沢のどんづまり」の意味がある。)
Mizuhitamagawaorigin
写真9:水干から南方の大菩薩嶺を望む
Daibosatufromkasatori
ここから中島川口までは、だらだらとつづく下り道。途中は苔・苔・苔、土も岩も木々も緑いろのふかふかとした苔に包まれていました。触っても気持ち良かった~(笑)。
一ノ瀬林道と合流した中島川口橋(駐車スペースもあるが車両なし)からは車道歩き、結構長く感じられ、疲れた足腰にはキツカッタ....。都合4時間の歩行時間+休憩で計5時間。

帰りの風呂は、甲州市の大菩薩の湯(柳沢峠の塩山側、裂石温泉のすぐ下)で。源泉24度が気持ちよかったです。そして夕食は奥藤でカレー蕎麦+鳥モツ煮+馬刺し。ビールが欲しくなりました....。

写真10:苔・苔・苔
Kokekokekoke

写真11:まるでカーペット
Kokenocarpet
写真12:SUUNTO AMBIT君による歩行データ
Coursemap








« 鉄分と硫黄分、補給!? | トップページ | 八ヶ岳最南端、あれ逆回りだぁ O_O; »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川の源流は東京都?山梨県?:

« 鉄分と硫黄分、補給!? | トップページ | 八ヶ岳最南端、あれ逆回りだぁ O_O; »