最近のトラックバック

最近のコメント

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年11月 9日 (土)

山、もう冬だったり、秋真っ盛りだったり。

新車が来たので慣らし運転、とばかりこの一ヶ月に何回か山方面に出かけてきました。10月下旬なのに、もう冬みたいな山頂もあれば、11月初旬でもまだまだ紅葉がきれいなお手軽山頂もあったり。

10月27日(日)
甲府盆地で山仲間と合流し、中央道を下り、諏訪南ICへ。行き先は、八ヶ岳連峰の北端にポコンと聳える蓼科山2530m。
ビーナスラインが白樺湖へ抜ける手前の女神茶屋(めのかみちゃや)にある、蓼科山登山口駐車場に朝の9時。歩き始めてしばらくは林間の、それも意外と急登の道を行きました。北八特有の縞枯の森があったり、なんと周囲の木々に霧氷が付いていたり。え、まだ10月なんですが、すでに冬が到来していたのでした。

写真1-1:縞枯の森
Tatesjinashimagare
写真1-2:霧氷
Tateshinamuhyo

山頂が近づくと、岩岩地帯を登ります。たまにグラついている岩もあり、注意しながら。それでも3時間も歩くと山頂に到着.....寒いっ。蓼科山山頂は岩だらけで広く、どこが最高点かわかりません。あ、火山だから?中央には神社というか祠が鎮座しています。西端?にある方位盤は、凍った土台を登らないと....←ちょっと大げさ(笑)。
山頂の東側(メインの登山ルート側)には「蓼科山頂ヒュッテ」があります。実はこの山小屋のご主人、私と同行者(の1名)とは、意外な接点がある方でした。
さて、小屋の前のテーブルは日差しがあると暖かい場所、屋根から時々落ちてくる氷に注意しながら昼食。いつもの、オニギリ・チキンラーメン(ミニ)+具・漬物、そして、山頂ヒュッテのオデン。小屋の前はメインルート沿いなので、(女神茶屋からのコースと違い)大勢の人が行き交います。それも色々な国の言葉が....。中国語やら韓国語やら。

写真1-3:山頂の方位盤
Tateshinatop
写真1-4:オデン
Tateshinaoden
写真1-5:いつもの昼食セット(一部)
Tateshinalunch
下山は、同じ道をたどりました。下山開始直前に、お隣の北横岳を霧氷の針樅(はりもみ?)越しにカメラに収めました。それにしても、下りは長く感じました。登りはコースガイド通りの3時間だったのに対し、下りはコースガイド記載時間より30分以上長く....3時間は掛かったかな?
下山後の温泉(←これ必須)は、茅野市尖石温泉縄文の湯でした。初っ。

写真1-6:北横岳(手前は霧氷の森)
Tateshinakitayokodake
写真1-7:下山後、ビーナスラインを少し下った女の神展望台より北横岳
Menokamikitayokodake
11月3日(日) 連休中日
ゆっくり峠巡り?朝8時半、武蔵五日市駅で知人と待ち合わせ。都民の森に行く臨時バスに長蛇の列。紅葉真っ盛りですからね。
バイクと自転車が多い、檜原街道を登り、都民の森を通る奥多摩周遊道路で青梅街道へ。途中は風張峠....の駐車場は眺めがいまひとつ。
青梅街道沿いの道の駅たばやま、はイベント開催中で混雑、臨時駐車場(ガラガラ)は遠いので断念。甲州市に入って柳沢峠のドライブインで、休憩。あ、正確には、(昼前でしたが)とろろそばをいただきました。市営駐車場の紅葉がきれいでした。
そこからいったん裂石温泉まで降りて、大菩薩登山口の上日川峠へ。ここも登山客の車で駐車場はほぼいっぱい。どうにか止めて峠から盆地を見ると....ガスってまるで雲海。その奥に南アルプス(甲斐駒ケ岳など)が見えました。
次の峠は、大菩薩湖の湖畔から入る日川林道を通って湯ノ沢峠へ。途中で笠雲被った富士山を撮影♪

写真2-1 柳沢峠の紅葉
Yanagisawatoge
写真2-2 上日川峠から南アルプス(甲斐駒ケ岳←正面奥の三角形状の山)
Kamihikawatoge
写真2-3 日川林道途中から富士山
Hikawarindomtfuji

さて、湯ノ沢峠からは本日の目的地、山梨百名山の一座である大蔵高丸、へは歩いて30分程度。山歩きというよりはお散歩?最後は若干急坂ですが短いので楽♪
峠近くのお花畑は、もちろん時期が過ぎているので枯れ草の原っぱ。眺めがよかったです。大蔵高丸、標高不明.....(笑)。山梨百名山の木標には1781mと、秀麗富岳十二景の標識には1770mと、11mも違う(爆)。
山頂では、笠雲被った富士山見ながら軽食タイム。オニギリと珈琲と団子(←柳沢峠で購入)。山頂はほぼ360度の視界、甲府盆地は雲海(単なる霧?)の下、その向こうは御坂山塊や南アルプス。本当に「山並」という風景でした。

下山後の温泉は、旧大和村(いまは栄和交通さんに経営委託)の天目山温泉、強アルカリ性♪
写真2-4 湯ノ沢峠近くお花畑から見た南アルプス
Yunosawatoge
写真2-5 大蔵高丸から見た富士山
Okuratakamarumtfuji
写真2-6 甲府盆地は雲海の中、そして山並み
Yamanamiunkai


« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »