最近のトラックバック

最近のコメント

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

2013年3月 3日 (日)

First Time to visit Catalunya

Business Tripでしたが、SpainはCatalunya自治州のBarcelonaへ出掛けてきました。TokyoからはDirect Flightは無いので、GermanyのMunich(ミュンヘン)で乗り換えで、18時間掛けて(From NRT to BNC via MUC)Barcelonaへ辿りついたのでした。(帰路は15時間でした。)
出張目的が大展示会(見学&商談)で、航空券は11月中にどうにか確保、宿は展示会場までMetroとFGC(カタルーニャ鉄道)を乗り継いで40分掛るところ、など観光とは程遠い旅行でした。
とは言っても、夜は呑み食いで楽しみ(各国現法の人達と同行なのでカタコト英語)、展示会も早じまいする最終日は夕方から少しだけ街へお出かけしました。但し、前日まではそこそこよい天気でしたが、2月28日は風雨強しの生憎の空模様でした。(バチが当った?)

TorraAgbar(AGBARタワー←Barcelona水道局のビル)にほど近いホテルを出て、会場往復に使っていた路線(L1)とは違う路線(L4)の最寄駅へ向かったのが17時。ATM(Metro・FGC・RENFE市街共通)の回数券T-10の余りを使って、SagradaFamilia駅まで移動。駅の階段を昇りSagradaFamilia広場前に出たら......雨交じりの強風の中、入場待ちやら歩きまわるだけやらの観光客多数。ですが、今年は工事が真っ盛りとのことで、入場しても上層部に登れないそうなのと、時間の都合で外周を廻って、写真を撮りまくりました。
が、なにぶん風雨強くて、長居はできません。その夜は、日本人だけでEspanya広場近くのBar(バルっ)で夕食予定だったので、待ち合わせ時間がかなりありました。そこで、MontJuicへ行くことにしました。SagradaFamilia駅からL2の終点Paral-lel駅まで行き、ケーブルカーであるFuniCularに乗れば、モン・ジュイック公園(Parc de MontJuic)駅まですぐでした。が、そこから頂上までのゴンドラは悪天候で運航休止中。道理で、FuniCularの乗客が全然いない訳でした。(登り便、3組計5名!)
ま、待ち合わせ場所のEspanya駅へ歩いて行くには丁度良い時間なので、いずれにしても頂上へ行く時間は無かったのでしたが(汗)。駅近くの公園から、SagradaFamiliaとTorraAgbarを眺めて、考古学博物館や見本市会場(昨年までの前述展示会の開催場所)の中を丘を下ること20分、時間ぴったりに合流場所へ。それにしても、丘の上は、暗くなっても照明が.....点いていたのは誰もいない噴水(の中)の灯りだけでした。まだ真っ暗になる時間じゃなかったから?

夕食は、同行者1名が「数年前に入って美味しかった」というBarで。Barcelona(Catalunya)にある店ですが、半島の反対側は大西洋に面したGalisia自治州のTapasを出す店でした。要は店の旦那の出身地ですね。このお店、料理王国という料理人向け専門雑誌の2010年1月号で紹介されたそうで、その雑誌を見せてくれました。道理で、メニューに日本語版もある訳だ。(でも翻訳が微妙~(笑)。)
しかし、調理したてのTapasは、具材も新鮮ですし美味しいっ。カウンターの食材ケースから具材を選ぶことも。試しに、馬刀貝(マテガイ)を頼んでみたり....。飲むのは勿論、Cava(Barcelona近郊でのみ造られる発泡性葡萄酒)!
写真8に写っているのは、(前列左より)Pan Con Tomate, ムール貝、カタクチ鰯フライ、(後列左より)イベリコ豚の生ハム、タコのガリシア風、チーズ。

そんなので、Barcelonaはまた出掛けたい、Barにもっと入りたい、と思ってしまった出張(あくまでっ)でした。←会食だと、BarじゃなくてRestaurantが多くて、少しかしこまってしまいますし。

写真1~5:SagradaFamilia教会、写真6~7:MontJuic、写真8:BarのTapas、写真9:ホテル近く(徒歩10分)のRestrauntのPaella

Photo 1: Palace de Sagrada Familia
Streetname

Photo 2-5: Basilica de Sagrada Familia
Sagradafamilia1
Sagradafamilia2
Sagradafamilia3 Sagradafamilia4
Photo 6:Rail of Funicular (at "Parc de MontJuic" station/Estasion)
Funicular
Photo 7:Basilica de Sagrada Familia (Left) and Torra Agbar (Right) from Park of Mont Juic
Frommontjuic

Photo 8: Tapas at a Bar
Tapas_atespanya
Photo 9: Paella at a Restaurant near Hotel
Paella


2009年7月20日 (月)

虹に遭遇

海の日の連休を利用して、函館へ3泊2日の旅に出かけました。生憎、すっきりとした夏空は拝めず、2日とも傘が不要だったのは着いた直後と、発つ前でした。(夜行で行き、夜行で帰った、ので3泊2日なのです。)
そう、雨に煙る函館なのでした。(目的は、食い倒れツアーでしたが。)そんな中、駄目元で登った函館山にて、偶然ですが、二つの(正確には2種類の)虹に出会えたのでした。
夕日が沈む西(松前半島)からの風で雨雲と霧が晴れていき、ふと見上げると函館市街上空に半分だけの虹が架かり、それが消えてふと気付くと、ロープウェイ山頂駅の鉄塔の向こうに丸い(円形の)虹が見えたのでした。そう、ブロッケン現象の類です。(写真の中央の影は撮影者自身です。)

20090719niji1




20090719niji2


20090719hakodateyama0


20090719hakodateyama1



20090719hakodateyama2


Hakodatemotomachi



Hakodatetachimachi

2008年6月 8日 (日)

葡萄・桃の前に

山梨の名物果物に桜ん坊(サクランボ)が加わったようです。梅雨の晴れ間を縫って、南アルプス市までサクランボ狩りに出かけました。
Sakuran1
Sakuran2

Sakuran3
今まで、桃と葡萄は狩り(実を捥ぎ)に出かけていましたが、サクランボは初めてでしたが、美味しくいただきました。

その後は、山梨市のフルーツパークから薄っすらと見える富士山頂上を見てから「ほったらかし」温泉で盆地の風景を見ながら入浴を楽しみました。夕食は、「吉田のうどん」を富士吉田まで行かずに甲府市内で初めて食べました。案内してくれた友人曰く、決して普通のうどんを期待してはいけない、あくまで「吉田のうどん」という新しい食べ物です、と。
確かに歯応え十分の気合が要る食べ物です。でも美味しいですよ~。長い物・麺物好きには、バリエーションがもう一つ増えます。

2008年4月 7日 (月)

盆地で花と「鉄」と

東京近辺の桜も盛りを過ぎた頃(今夜の雨で追い討ちですね)、山梨まで桃と桜を観に出かけました。桃の花はまだ咲き初め、標高の高い所は開花前、という感じでしたが、桜は満開です。ということで、笛吹市周辺を巡ってみました。更に、JR東日本の山梨キャンペーンで運行された「SL+EL」を目の前で見るチャンスにも恵まれました。
旧御坂町の「みさか桃源郷公園」(写真1:南アルプスはまだ雪を被って)→旧一宮町の「金川森林公園」(写真2:桜の花の向こうは山梨市の山々)→石和温泉~春日居町温泉(写真3:温泉通りの水路上の桜並木)→石和温泉駅を出発したSL山梨桃源郷号の煤を浴びる(写真4,5,6:先頭のD51、客車、後ろで押すEF64....塩山からの帰りはELが先頭、SLは後ろ向きに引っ張られてくるらしい)→石和駅前通りで蛙を見かける(写真7:河童像もあったけれど)
そういえば笛吹川温泉では露天風呂から桜が見えたっけ。
写真1(桃源郷公園)Togenkyosalps

写真2(金川森林公園)
Sakurakanegawa
写真3

Sakuraisawa


写真4(SL)
Isawasl
写真5(客車)

Isawapc

写真6(EL)
Isawael

写真7(蛙)
Isawafrog

2008年3月 9日 (日)

食べ過ぎ!浴び過ぎ?

友人との毎年恒例の温泉旅行、今年は伊香保温泉に行ってきました。
だいぶ春めいた陽気でしたが、今年は雪が多かったのか、石段街を少し外れた路地や旅館の屋根の上、林の木立の麓には雪がまだまだ残っていました。

さて、JR高崎駅集合(そこから普通電車でJR渋川駅まで行きバスで伊香保へ)ということで、新宿から「湘南新宿ライン」の特別快速電車はグリーン車でゆったりと向かいました。お昼は、新宿駅で買い求めた駅弁を車中で、としてみました。勢い余って買いすぎたようで、お腹が一杯。(元祖駅弁のオムスビと、何故か瀬戸内の鰆のお鮨でした。→写真1)

伊香保は北東に向いた斜面の石段街に宿が集中しています。ということは山々の眺めがよいのです。久し振りに「ひでBOX」の山の写真を追加、といきますか?
とりあえず、朝食前に宿の部屋から子持山・武尊山・(遠くに)至仏山の写真を。→写真2。

伊香保の黄金湯の源泉の湯元まで行ってみました。荷物があったので、露天風呂は見送り....。→写真3
(飲泉OKということで)呑んでみましたが、やはり鉄分が多いのがよくわかります。(鉄分が酸化して色付くので黄金湯、なんだそうです。)

駆け足で、慢性皮膚炎にも効く、というお湯を堪能してきました。
ところで、渋川駅まで首都圏のSuicaが使えるんですね。便利になりました。(→写真4)
080308bento

080309yadokara


080309yumoto

080309shibukawa



2008年1月 7日 (月)

2008年正月、箱根にて

駅伝も終わった4日、友人の「箱根で鉄分補給」との誘いに乗り、箱根フリーパスを片手に乗物巡りをしました。登山電車→ケーブルカー→新型ロープウェイ→海賊船→徒歩→ロープウェイ→高速バス→路線バス→登山電車、と十分に元を取りました。天気も良く、山々も綺麗に眺めることができました。
そんな中から山の写真をいくつか(脈略が無いって?いつものこと!)
08hako1



まず、箱根ロープウェイ(大涌谷→姥子)から見た富士山、うーむ雲を纏っています、残念。
08hako2



次は、箱根神社から箱根園へ歩く途中、まだ湖畔に遊歩道があるところから撮った富士山、今度は雲も切れて頂上がバッチリです。
この区間、途中からは車道の路側帯を歩かなければならず、疲れました。

08hako3



最後は、駒ケ岳山頂から見た駿河湾に落ちていく夕日です。芦ノ湖ではもうすぐ日没(外輪山に沈んでしまう)です。外輪山の影がくっきりでびっくり(笑)。
駒ケ岳山頂からは、伊豆大島・新島・利島などの伊豆諸島、大山から湘南平までの相模の山と丘陵地帯も、見えるんですねぇ。

2007年8月11日 (土)

花火と桃と富士山+しまった

今週は夏休み、ということで平日のお出掛け....。
今年は以前から見たいと思っていた、山梨は市川大門(現在は市川三郷町)の神明の花火大会に出かけました。目的は、東京近辺じゃ滅多に見られない二尺玉です。町外れの駐車場に運良く停められ、そこから土手を歩くこと20分余りで打上場所間近に陣取れました。(帰りの土手は真っ暗だったけれど....。)
写真は無いのですが(一緒に見た人がどこかで写真を載せているかも)様々な迫力ある花火を堪能できました。幅広い打上場所(フィナーレなぞは5箇所以上から!!)を下から上(2尺玉!!)まで見られたのが幸いでした。
さて、宿泊はいつもと異なり、笛吹市にある24Hの温浴施設薬石の湯塊泉でした。ここは火釜と呼ぶ遠赤外線サウナルーム(広い)が売りです。更に、火釜の外(足湯などがある)に大正時代の家風の新館が登場し、睡眠場所がかなり拡充されました。
翌日は、親戚のぶどう園により、桃を入手。今年初桃を頂戴しました。知人にもお裾分けしました。(強制的に渡した、という話も....)
桃を入手後、河口湖まで富士山見物と昼食(ホウトウを)。本当はもう一つ目的が有ったのですが.....富士吉田周辺はガソリンが安かったので、給油。のはずが、どうにか富士山を見て昼ごはん(ちょっと工夫しすぎたホウトウを出す、様々な車を所有することで有名な某ホウトウ屋)を摂ったらものの見事に忘れておりました。結局笛吹市内で給油、リッター5円以上違いました(とほほ)。それにしても、富士吉田周辺は安かった....。

今年の夏休み、遠出(?)はこれだけでしたね。後は都内近辺で花火+買物、ですね。

2007年5月 9日 (水)

高い所から日本海:新潟編

GWのいつものプチ旅行として、今年は米どころ新潟県に出かけて日本海を見てきました。
新潟はこの四月から政令指定都市になり、市域も広くなりました。弥彦山頂近くまで新潟市、なんですね。そういえば、新潟駅からJR越後線に乗って吉田・柏崎方面に向かうと、海沿いに丘陵地帯や山(弥彦山・多宝山・角田山など)が連なっているんですね。
ということで、高い所か日本海を見てきました。

日本海タワー、NEXT21、弥彦山

Fromtower Fromnext21
 Fromyahiko_1

2006年7月23日 (日)

稲佐山からの夜景

海の日の連休を使って、長崎に旅してきました。数年前に訪れた時の友人と、長崎が初めての友人と、共に。訪問先は、前回とほぼ同様ですが、稲佐山だけは風が弱く(前回は強風でロープウェイが運休)で、夜景撮影に挑戦しました。今年買ったデジカメの「夜景」モードを使ってみました。但し、三脚が無くて展望台の柵を台にしただけなので、元のサイズで拡大すると手ぶれが目立ってしまうので、縮小してみました。
Inasayakei1
これは、長崎港(左端が長崎駅、中央が大波止場、右端が護衛艦ゆうだちが一般公開のために停泊している水辺の森公園)を写した写真です。

Inasayakei2
これは、浦上・平和記念公園方面です。ビッグNスタジアム付近の照明がまぶしく光っています。上空の雲も白く見えるくらいです。