最近のトラックバック

最近のコメント

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

2013年5月19日 (日)

Birthday Trekking to see Mt. Fuji

今年の誕生日は、富士山を見ながら、とある山頂で過ごしました。同行したのは、誕生日が1日違いの友人と、やはり山旅仲間の知人。目的地は、山梨百名山の一座、富士吉田市と都留市と忍野村の境にある、杓子山(三角点は1597.6m)でした。

富士吉田市の、道の駅の近くに最近整備された「富士散策公園」の駐車場で、山梨在住の友人と待ち合わせ。この公園、富士山はさえぎる物なく眺められました。(まだ知られておらず、また木々も植えられたばかりのせいか、人気は少なく。)
Mtfuji_fromfujisansakukoen
さて、車を忍野村の、トレラン(再来週ですね)Start&Goal地点である、中学校隣接のふれあいセンターに駐車し、立ノ塚(たちんづか)峠への林道まで忍野盆地の際の田園地帯を蛙の鳴き声を聴きながら歩きました。この辺りも、また、富士山を眺めるにはもってこいの場所でした。(富士吉田から少し東にずれただけですが、左肩に小富士が目立つようになります。)
Mtfuji_fromoshino

盆地から峠への林道に入ると、針葉樹林の中を通る、気持ちの良い雰囲気でした。
Tachindukatouge_henomichi
立ノ塚峠から、子ノ神(ねのかみ)峠への尾根道は、急登が断続的に続き、後半は岩をロープ頼りによじ登る(←若干大袈裟、ロープはありますが)箇所も連続するなど、意外とタフなコースでした。ここをトレラン(先日のUTMFも通ったとか)で駆け抜けるなんて、信じられない(汗)。
子ノ神峠からは、コース上の最高点である鹿留山(ししどめやま、三角点は1632.1m)を往復しました。頂上はブナ・ミズナラの巨樹が何本も立つ雰囲気がよいところでしたが、山名標は手書きで山名が書き込まれた「登山道」の札が立木に留められただけの簡単なものでした。また、巨樹の幹が分かれるところに土が溜まり、小さな草花達が居候しているのを見つけ、感動してしまったり(汗)。
Shishidomeyama_chojohyoshiki
Hanasakukyojunouro
鹿留山から来た道を子ノ神峠まで戻り、いよいよ杓子山への登りです。標高1500mを越える尾根道、あれが頂上か、という思いを何度かしつつ(つまり、そこは頂上じゃない)30分歩いて富士山と忍野八海を見下ろす杓子山山頂に着きました。山梨百名山の木柱や、富士吉田市観光協会などが建てた看板とともに、山名標(海抜付)を兼ねた「鐘」がありました。(因みに、山梨百名山の方では、海抜1598mと1m単位に四捨五入。)
Mtfuji_fromshakushiyama

頂上で昼食を準備していると、地面から湯気が....強い日差しで、前日の雨で少し湿っていた土から、水蒸気が立ち上ってきたようでした。

本日のランチは、コンビニオニギリ2個、コンビニ浅漬け、チキンラーメン+ラーメンの具(乾燥)の、いつものメニュー。仕上げは、インスタント珈琲一杯。

山頂からは旧鎌倉往還古道の鳥居地峠へ向かい、下山開始。ハングライダー離陸場でもある大権首(おおざす)峠までは急坂でもすぐでした。(ここで、ハングライダー運搬用のモノレールと、不動湯に降りる林道と別れます。)再び尾根道を辿りましたが、これがまた意外とハード。〆は高座山(たかざすやま)への登りで、またまた岩とロープと格闘(笑)。
Takazasuyama_chojo 高座山から下りはじめるとすぐに萱場の頂部に出て、防火帯(萱場を野焼する際の上端)を下りますが、この上部が急坂で長いロープが垂らされていました。これが、砂まみれで手と手袋が相当汚れました。それにしても萱場(カヤト)が富士山に向かって開けているので、眺望は最高。
Mtfuji_fromkayaba
(この写真は萱場をかなり下った後なので、右端の登山道の斜度は緩い)

萱場を抜けるとすぐに林道(萱場から萱を運び出すための道)に出て、鳥居地峠へはすぐでした。峠から中学校までは舗装道路で、これもすぐ。
マイSuunto君の記録では、距離12.7km、歩行時間(休憩除く)6時間17分。出発地点の標高設定が60-70m高くしてしまったのが失敗(最高点が高過ぎ!)

下山後の温泉は、すぐ近くの忍野温泉が故障で入れず(男風呂だけ故障したとか)、山中湖村の紅富士の湯。混雑はしていましたが、ゆっくり富士山を眺めながら入浴出来ました。残念ながら西空に雲が多かったのか、紅にはならず白いままでした(汗)。

2011年8月 1日 (月)

7月の山行き記録

7月6日 南アルプスの前衛、櫛形山(2052m)。
伊奈ヶ湖から北尾根をアヤメ平へ登り、裸山(富士山見えた)経由で櫛形山頂。祠小屋経由中尾根を降りる。
(下山後は甲府湯村温泉、太宰治ゆかりの老舗旅館、明治屋に素泊まりで投宿。)

7月16日、奥秩父の西端に位置する、瑞牆山(2230m)。
旧植樹祭会場跡地から林道を回って不動滝を経由し、山頂へ。下りは富士見平経由新しい尾根道を辿って植樹祭会場跡地へ戻る周回コース。アップダウンは激しい(岩登り・下り)けれど歩行距離は9kmだけ。富士山もばっちり。
(下山後は北杜市営ますとみの湯に立ち寄り湯。)

7月30日、奥秩父の南端、というより甲府盆地北部の、小楢山(1712m)。
旧オーチャードヴィレッジ・フフから林道をどんづまりまで車で入り、母恋し道を小楢峠へ直行。小楢山(東峰?)から雲間に見える富士山を撮り、一杯水経由小楢峠へ戻り、下山。登り1時間半、下り1時間、の昼飯前ハイク。お陰で、雨にはほとんど邪魔されず。下山中、雨が降っていたが頭上の木々が防いでくれた。
(下山後は道の駅はなかげの郷まきおか裏の彩甲斐公園で昼食後、山梨市営花かげの湯に立ち寄り湯。)

7月23日~24日は、父の実家(笛吹市)に出かけたので、5度の週末の8割は、山梨県に出かけていたことに....。

2006年8月 6日 (日)

やはり迫力が

今年も荒川は「いたばし・とだ」の花火大会を見物に出かけました。天候に恵まれ、雨(夕立)の心配はないし、前半までは涼しい風も吹き抜けるし、で気持ちよく見えました。間近で観る打上花火は最高です。(途中、睡魔に襲われたけれど...花火の音が子守唄?)
ただ残念だったのは、いつもと場所が少しずれたので、真正面に街灯が入るので写真を撮るのには向かなかったことです。とは言え、そのうち整理して「英ボックス花火編」に載せてみましょうか。

2006年7月30日 (日)

今年の第1号

昨日の立川(昭和記念公園)はテニス&暑さ疲れでキャンセルしたので、今日が最初です。観に出かけたのは、厚木市とは相模川を挟んだ向い側の海老名市。市のお祭り(えびな市民まつり)の花火大会です。
短い時間と少ない玉数ですが、田んぼのど真ん中から上がるスタマ等の花火は見やすくてよいです。駅からのアクセスが良いのも高得点でしょうか。「ちょっと見」の花火にはお薦め、香も知れません。