最近のトラックバック

最近のコメント

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

2008年10月 5日 (日)

この夏~秋の温泉巡り

まず近所編。
五月に川崎市麻生区(総理とは違う音ですよ)栗平の湯快爽快くりひら。湯快爽快の新しいお店(温泉)です。田谷、茅ヶ崎、座間、について4軒目に入りました。大学時代に利用していたバス通り沿い、当時に比べると周りがだいぶ開発されてきました。
九月に相模原市のざぶん相模原店。出来た当時は温泉じゃなかった記憶があるのですが、温泉になった(掘り当てた)と聞いて出かけてきました。鵜野森のやまと湯と同じ黒湯の炭酸水素泉です。
お出掛け先編
山梨は甲府盆地で見つけた(1件は前から気になっていたのですが)のどかな温泉です。
ひとつは中央道双葉SAのスマートICからほど近い、神の湯温泉(ホテル)です。湯船の種類が多いです。判り難い場所にあるので、穴場かも。
もうひとつは山梨市にある1700年の歴史がある=山梨最古の?=岩下温泉旅館の旧館です。歴史ある混浴浴槽は、男女別浴室に入る廊下直結=丸見え!=です。真夏ですと、源泉浴槽(鉱泉なので28度程度)が気持ちよいです。
今年は伊豆箱根方面もよく出かけました。
新湯河原温泉のゆとろ嵯峨沢の湯は、眼下に海と電車が見えて気持ちよいです。これまた行きにくい場所ですが。(湯河原・真鶴からコミュニティバスあり)
弓ヶ浜温泉のみなと湯も小さな公衆浴場、さっと一汗流すには安くてよいです。
久し振りに出掛けたところ編。
箱根は.....
湯本温泉の千尺の湯湯蔵、駅から徒歩圏内なのに穴場かも。(夕方以降だと)
奥湯本温泉の天山湯治郷。10年ぶりに訪れましたが、入ったのは比較的最近出来た湯どころ一休の方でした。温泉しかありませんが、廊下は気持ちよかった~。

そうそう、伊豆長岡温泉の南山荘は、素泊まり料金で歴史ある旅館の温泉を満喫できます。こちらもお薦め、です。

それにしても、10年近く訪れていない山の温泉が増えてきた気がします。一方で、閉鎖・閉館する施設もちらほらあります。
詳しくは下記にて(汗)。
http://homepage1.nifty.com/hidebo_room/hobby/hobby.html

2007年3月18日 (日)

外湯巡り~

毎年友人と出かけている冬の温泉旅行、今年は信州は志賀高原の麓の渋温泉に出かけてきました。お目当ては(九)苦労を流す、という九つの外湯巡りでした。
まずは、長電で湯田中まで(小田急線の)ロマンスカーの中古(それも短~くなって)で向かいます。駅には、お雛様が飾られていました。そこからバス(路面に雪は無いけれど志賀高原行きなのでチェーン装着)で神林温泉まで入り、残雪の中を徒歩で地獄谷温泉へ向かいました。もちろん、温泉に入る猿を見に。外国人のグループが、猿を撮りまくっていました。猿の方はカメラ目線を暮れたりして......。
地獄谷からは徒歩で渋温泉へ。宿に入ったら、手ぬぐい(300円)を買って外湯めぐりです。これがまた慌しいんです。というのは、各外湯は小さい(脱衣棚が4とか6しかない)し、同様に外湯巡りしている人たちは多いし。脱いで入って出て拭いて着て、とどたばた。色々な泉質に入れるのは嬉しいけれどね。結局、2時間ほどで全部入り、渋高薬師様におまいり。ところで、手ぬぐいに各外湯の判子を捺すのだけれど、捺す位置がちょっと変になってしまいました。ちゃんとガイド(観光案内所で配っているもの)を見ておくんだった。
もう一つの発見は、宿から借りていく「下駄」(または「草履」)は途中で履き間違えられる、ということでした。結局、泊まった宿の下駄ではなく渋温泉の有名な(歴史ある)旅館の草履で、宿に戻りました。
ところで、泊まったのは3月だけと、その晩に大雪となり、仲居さん曰く「この冬最大の降雪です」。暖冬かと思ったけれど、3月は寒いですね。

それでは写真。湯田中駅の雛段と地獄谷のモデル猿。(長野も山梨同様に桃の節句は4月初旬?)
Hinaningo0703

Sarujigokudani0703

2006年12月 2日 (土)

大江戸東山温泉が今月限り?

田園都市線池尻大橋駅そば、目黒川沿いの大江戸東山温泉に行ってきました。そこの更衣室で目にしたのは「今月一杯で営業停止」の張り紙でした。
久し振りぶりに出かけたのは、HPで「泉質が変わり、料金も値下げ」というのを見たからでした。従来の茶褐色した「塩化物泉」に、別の深さの黒湯「炭酸水素泉」が混ざったとのこと。なるほど、湯船からは蒲田あたりの銭湯と同じような真っ黒な湯があふれ出ていました。(掛け流し状態)この黒湯が、逆に汲み上げ装置などに悪い影響を与えてしまったようすです。かなりの大修理が必要とかで、再開時期も不明と書かれていました。
土日料金が、タオル込1500円に改定(値下げ)されたので、お得な感じがしてきたのですが、残念です。

2006年7月31日 (月)

ストレス解消or増大?

今日は新しい矯正医に通うため午後は半日休暇。帰りは給油ついでに町田(相原)のロテンガーデンに寄る。割引券を使って普段より少々お安め。平日なので湯船も空いている。
が、唯一の源泉掛け流しの浴槽(屋上)だが、お年寄り二人が入口の段に腰掛け(半身浴状態)話しに夢中。こちらはその浴槽に浸かりたいのに中々終わらない。お年寄りを大切に、とは言うが、人生の先輩としてもう少し後進の見本になってほしいもの。
いかん、こんなことでストレスを溜めていては。ということで、階下の浴槽に戻り、待つことにした。そうこうしているうちに、お二人のうちの一方が降りてきたので、やっと源泉に浸かれた。
うーむ、日帰り温泉施設はうまく使わないとストレス解消(癒し)にならないかも、と痛感。
帰りに受付外から橋本駅の夜景を眺めて、さらにリラックス。

2006年5月17日 (水)

時々見かけるのは

石鹸やシャンプーの泡を背中やお尻から洗い流し損ねて歩いている人!居るんですよね、全然気付かない人。そのまま湯船に入ってくるのは困り者ですが、今日見たのはお尻に泡をつけたまま更衣室に出て行ってしまった人。どうしたのかな?
と、言いつつ、過去に失敗しかかったこと、あります。(とカミングアウト!)洗い場から湯船に向かう途中で気付いたので良かったのですが。(それ以来、気をつけています)

2006年5月14日 (日)

サウナも色々、合うのは?

新しい温泉を探して、茅ヶ崎へ。久し振りに強塩化物泉(塩水!)の温泉。ここには、普通のドライサウナ、塩サウナ、そして寝湯型ミストサウナがある。寝湯型ミストサウナに期待していたが、期待通り....であるのだが、気になるのは天井から時折落ちてくる雫。熱いのだ。
さて、苦手な塩サウナは試さなかったのだが、ドライサウナへ。ここ(湯快爽快ちがさき)のは入口に「体の水分を拭き取ってタオルを絞ってから」との注意書きあり。初めて見た気がする。で、汗をかくには長居できない、という問題。
そういえばいつも出かける厚木温泉の麦飯石サウナの入口に、目的別サウナ方式・温度一覧が掲げてあったっけ。僕の目的のデトックス&不眠解消には、遠赤外線サウナで温度が高すぎないものが合っているのかな?

2006年5月 8日 (月)

たっぷりの汗

早速、夕食後に近所のほの香に出かけ、麦飯石サウナで汗を出す。久し振りに玉のような汗が出る出る。とはいえ、普通の人より出始めるのが遅いのだと思うけれど。いつもと違い、知人の助言に従って、たっぷりの水分を摂った(つもり)。
やはり入浴中(及び麦飯石サウナ室に居る間)は頭痛がしない。昨晩は、薬を飲まなかったら痒みで睡眠不足に陥ってしまったので、今日は食後に薬は飲んだので、頭痛の恐れはあるのだが。(でも、寝られない程の頭痛ではないので、痒くて寝られないよりは頭痛を選んだ、というところか。)
さて、今週もう1・2回はデトックス入浴したいな。

2006年5月 6日 (土)

温泉満喫?

本日は6と10の日、ということで午後は町田市のロテンガーデンで過ごす。温泉、食事、休憩、仕上げにもう一風呂。子供連れも目立つが、めちゃ混みではなかったので、休憩室では小一時間程寝てしまった。
ここの休憩室は、リラックスする音楽が流れる以外は静かなので、良く寝られるのだ。昼の健康ランドみたいにTV付きじゃ無いのも、高得点かな。
岩盤浴は次回、に挑戦しよう。(前にも同じ宣言をした記憶が....)